« 東京都の最近の選挙での公明党の得票数集計 | トップページ | 公明党の党費収入・党員数は本当なのか? »

維新政党・新風の党員数と党費収入推移

政治資金収支報告書というものがあり、政党は収支を全てこの報告書に記載して報告しなければなりません。これは、総務省のページで公開されており誰でもインターネットで見る事ができます。要約は官報にも載ります。

さて、この政治資金収支報告書で今話題の(笑)「維新政党・新風」の党員数と党費収入の推移を調べてみました。
残念ながら、この調査には何の結論も推論もありません。ただ、党員が少ないとはいえ増加を続けるなか、党費収入の変動が激しいのが不思議だったので、記録のために載せさせていただきます。

政治資金収支報告書から、2000年~2006年の党員数と党費収入額を抜き出して、その増減と党員一名あたりの党費額を計算してみました。

年/党員数/前年差/党費収入(円)/前年差(円)/党員1名当たりの平均党費(円)
2000年 / 1,103 / - / 11,609,000 / - / 10,525
2001年 / 1,123 / +20 / 24,408,700 / +12,799,700 / 21,735
2002年 / 1,378 / +255 / 20,670,000 / -3,738,700 / 15,000
2003年 / 1,447 / +69 / 14,055,000 / -6,615,000 / 9,713
2004年 / 1,519 / +72 / 28,138,500 / +14,083,500 / 18,524
2005年 / 1,643 / +124 / 13,127,050 / -15,011,450 / 7,990
2006年 / 1,789 / +146 / 11,722,330 / -1,404,720 / 6,552

また、新風の入党案内のページには、党費は以下のように掲示されています。

党員      1万円/年   有   
終身党員   10万円一括   有   
学生党員    3千円/年   無   
党友      5千円/年   無   
党員の家族党友 3千円/年   無   
(有/無は、党活動上の議決権の有無を示します)

2000年については、約1千名の党員(1万円/年)がいて、中に、少しだけ終身党員になった人がいたのだろうと推定できます。
でも、その後が分かりません。党員数は少ないながらも増加を続けているのに、党費収入の方は上がったり下がったり全く安定していません。

党員数の内訳がどうなっているのか、なぜ、党費収入が毎年大きく変動するのか、不思議な政党です。以下、データソースの所在を示します。何か間違いがありましたらご指摘いただけると幸いです。

◆H12年分(2000年分)
提出:13.3.19
本年収入額 19,207,500
そのうち、
・個人の党費・会費(1,103人) 11,609,000
・寄附 4,757,000

◆H13年分(2001年分)
提出:14.2.25
本年収入額 36,641,910
そのうち、
・個人の党費・会費(1,123人) 24,408,700
・寄附 10,750,500

◆H14年分(2002年分)
提出:15.1.30
本年収入額 24,852,744
そのうち、
・個人の党費・会費(1,378人) 20,670,000
・寄附 2,470,946

◆H15年分(2003年分)
提出:16.2.9
本年収入額 16,361,679
そのうち、
・個人の党費・会費(1,447人) 14,055,000
・寄附 692,100

◆H16年分(2004年分)
提出:17.2.3
本年収入額 31,455,310
そのうち、
・個人の党費・会費(1,519人)28,138,500
・寄附 774,000

◆H17年分(2005年分)
提出:18.3.8
本年収入額 15,753,580
そのうち、
・個人の党費・会費(1,643人)13,127,050
・寄附 661,000

◆H18年分(2006年分)
提出:19.3.8
本年収入額 13,205,520
そのうち、
・個人の党費・会費(1,789人)11,722,330
・寄附 280,500

|

« 東京都の最近の選挙での公明党の得票数集計 | トップページ | 公明党の党費収入・党員数は本当なのか? »

新風」カテゴリの記事

コメント

官報に掲載されていたH10年分,H11年分,さらに最新のH19年分の
政治資金収支報告書を見てみると以下のような数字になります

◆H10年分(1998年分)
提出:11. 3.17
本年収入額 41,839,090
そのうち、
・個人の党費・会費(963人)31,155,000
・寄附 4,598,000
(平成11年9月10日金曜日 官報 (号外第178号) )

◆H11年分(1999年分)
提出:12. 2.28
本年収入額 11,647,200
そのうち、
・個人の党費・会費(1,051人)8,673,100
・寄附 1,013,600
 (平成12年9月8日金曜日 官報 (号外第187号) )

◆H19年分(2007年分)
提出:20. 2.12
本年収入額 28,911,230
そのうち、
・個人の党費・会費(1,889人)26,679,000
・寄附 1,296,000
 (平成20年9月12日金曜日 官報 (号外第202号) )
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/kanpo/shikin/20080912g00202/20080912g002020244f.html


上記の数字をデブチンさんが出した「2000年〜2006年」のデータと合わせると
以下のようになりますね

年/党員数/前年差/党費収入(円)/前年差(円)/党員1名当たりの平均党費(円)
1998年 / 963 / - / 31,155,000 / - / 32,352
1999年 / 1,051 / +88 / 8,673,100 / -22,481,900 / 8,252
2000年 / 1,103 / +52 / 11,609,000 / +2935900 / 10,525
2001年 / 1,123 / +20 / 24,408,700 / +12,799,700 / 21,735
2002年 / 1,378 / +255 / 20,670,000 / -3,738,700 / 15,000
2003年 / 1,447 / +69 / 14,055,000 / -6,615,000 / 9,713
2004年 / 1,519 / +72 / 28,138,500 / +14,083,500 / 18,524
2005年 / 1,643 / +124 / 13,127,050 / -15,011,450 / 7,990
2006年 / 1,789 / +146 / 11,722,330 / -1,404,720 / 6,552
2007年 / 1,889 / +100 / 26,679,000 / +14,956,670 / 14,123

>なぜ、党費収入が毎年大きく変動するのか、不思議な政党です。

1998年については平均党費が3万円を超えているので,
終身党員がかなりいたんだろうと推測されますが,
党費収入が毎年大きく変動する理由はやっぱりよく分かりませんね

学生党員が卒業して党員になって平均党費が上がる年があったり,
大量に党員が辞めた分を学生党員や党員の家族党友の勧誘で穴埋めしたために
平均党費が下がる年があったりしたのでしょうか?

投稿: shinok30 | 2008年11月 6日 (木) 18時02分

shinok30さん、どうもありがとうございます。

党費収入は明細を示さなくて良いという点で誤魔化しやすい項目ではないかと思って注目しています。

投稿: でぶちん | 2008年11月 8日 (土) 23時32分

でぶちんさん

「2008年11月 6日 (木) 18時02分」のカキコが2重投稿になっているので
お手数ですが,どちらかを削除してください

>党費収入は明細を示さなくて良いという点で誤魔化しやすい項目ではないかと
>思って注目しています。
>投稿: でぶちん | 2008年11月 8日 (土) 23時32分

確かに党員数の内訳まで公表してもらえばよりクリアになりますね

参議院議院選挙のあった年の「党員1名当たりの平均党費」が大きい傾向があるのは
「終身党員」という名目で寄付を集めているためではないでしょうか?
ですから,「平均党費」のデータは
参議院議院選挙のあった年となかった年で分けて考えた方が良いかもしれません

まず,参議院議院選挙のなかった年の「平均党費」は
1999年[8,252円],2000年[10,525円],2002年[15,000円],
2003年[9,713円],2005年 [7,990円],2006年 [6,552円]と
2002年をピークに減少しており,一万円を大きく割り込んでします
これは単価の安い「学生党員」「党友」「党員の家族党友」が
党員に占める割合が増大していることを示しています

また,参議院議院選挙のあった年の「平均党費」は
1998年[32,352円],2001年[21,735円],2004年[18,524円],
2007年[14,123円]と一貫して減少しています
これは「終身党員」がだんだん集まらなくなっているからかもしれませんし,
単価の安い党員の割合が増えて「終身党員」の効果を打ち消している影響も
あるかもしれませんね

あくまで推測ですが,
こういう分析ができるのも「収支報告」を公表しているからですよね

投稿: shinok30 | 2008年11月 9日 (日) 10時40分

「維新政党・新風」だけでなく,
初代代表の魚谷哲央さんの資金管理団体である「新風後援会」の収支報告書は
平成13年分から平成19年分まで毎年提出されていますし,
第2代代表の松村久義さんの資金管理団体である「迅流青年社」の収支報告書も
平成11年分から平成18年分まで毎年提出されています
(平成9年,平成10年の「迅流青年社」は「その他の政治団体」として収支報告)

実際にお金が動いているのはこの平成13年分の「新風後援会」だけで,
他は収入も支出も0円なんですけどね

平成13年の「新風後援会」は京都府加茂町の岡村明人さん,岡村清美さん
守口市の山本さん,つくば市の吉田さんから合計400万円の寄付を受け,
その400万円をそのまま「寄附・交付金」として支出していています
平成13年分の「維新政党・新風」収支報告書にも
「新風後援会」から400万円の寄付を受けたことが記載されています

ところが,副代表の瀬戸さんは昨年8月から「カンパ」と称して
「政治活動費」を募っていながら一度も「収支報告」を公表していません

>2007年08月02日 決意とお願い

>資金カンパの要請
>最低の資金がなければ戦えないのも道理であり、いつまでも意地を張っている時では
>ないと思いました。そこで皆さまに今後の政治活動に対する資金カンパの要請を
>ここにご案内させて頂きます。
http://s04.megalodon.jp/2008-1102-1308-16/blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51573051.html

>2007年08月17日 支那人の日本侵食
>皆さま方からのご支援はまだ続いています。350人以上の方からカンパがありました。
>詳しくは来週集計してお知らせ致します。
http://s04.megalodon.jp/2008-0504-1510-19/blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51593253.html

瀬戸さんのブログにもくり返し書いていますが,
http://s01.megalodon.jp/2008-1106-1911-18/blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52076775.html
http://s03.megalodon.jp/2008-1103-0433-51/blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52076022.html
瀬戸さんが政治団体の届出をせずに政治資金を募っているとすれば
政治資金規正法第8条(政治団体の届出前の寄附又は支出の禁止)に違犯していることになりますね

「維新政党・新風」に少しでも自浄力があるなら,瀬戸さんは除名されるでしょうし,
少なくとも副代表からは解任されるべきでしょうね
11月15日に行われるという党大会でどういう結論が出るか楽しみにしています
>維新政党・新風平成二十年党大会
http://shimpuoshirase.sblo.jp/article/20223516.html

投稿: shinok30 | 2008年11月 9日 (日) 10時41分

shinok30さん、遅くなってすみません。
重複していたコメントを削除しました(実際には消すのが怖かったので非公開にしました・・当方、ブログ初心者なものでもたもたしててすみません)。

投稿: でぶちん | 2008年11月12日 (水) 02時21分

shinok30さん、調査をありがとうございます。
指摘されて気がついたのですが、瀬戸氏本人の資金管理団体を探せていません。ご存知でしたら教えていただけませんか。
また、市議会議員であっても資金管理団体を作って、ちゃんと収支報告書を出しておられる人はいるようです。矢野議員や朝木議員の資金管理団体をもし見つけたら教えていただけないでしょうか。東京都の選挙管理委員会のページを見たのですが私は見つけられませんでした。

投稿: でぶちん | 2008年11月12日 (水) 02時25分

私も良く分かっていないのですが、政党の支部については、所轄の都道府県の選挙管理委員会に収支報告書を提出するようです。そのため、例えば、「維新政党・新風東京都本部」の政治資金収支報告書は東京都配下のページである以下に公開されています。
http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/shikin/pdf/19report/i/i_83.pdf
これを見ると、維新政党・新風本部から約300万円の交付金を受け取り、300万円を「陣中見舞」として東京都本部代表の鈴木信行氏に支出しています。
どうもこの「陣中見舞」というのが、使途が良く分からず気持ち悪いです。

投稿: でぶちん | 2008年11月12日 (水) 02時42分

以下に維新政党・新風神奈川県本部の政治資金収支報告書が掲載されています。
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/11/1108/kouhou/200809/G043-12.pdf
ここには、維新政党・新風本部からの寄附128,500円については収入として記されていますが、維新政党・新風本部の支出に記載されている「陣中見舞」300万円については記載がないように見えます。う~ん、辻褄があいません。私の調べ方がおかしいのかもしれません。今日は寝ます・・・

投稿: でぶちん | 2008年11月12日 (水) 02時56分

>重複していたコメントを削除しました
>投稿: でぶちん | 2008年11月12日 (水) 02時21分

お手数をおかけしました
一度しか投稿ボタンをおしていないのに
二重投稿になってしまう理由は私もよくわかりません


>指摘されて気がついたのですが、瀬戸氏本人の資金管理団体を探せていません。
>ご存知でしたら教えていただけませんか。
>また、市議会議員であっても資金管理団体を作って、ちゃんと収支報告書を
>出しておられる人はいるようです。矢野議員や朝木議員の資金管理団体を
>もし見つけたら教えていただけないでしょうか。
>投稿: でぶちん | 2008年11月12日 (水) 02時25分


瀬戸さん,矢野さん,朝木さんの「資金管理団体」は私も見つけていません
官報にも東京都公報にも記載はないようですね

瀬戸さんが代表者となっている政治団体としては「日本憂國同志会」がありましたが,
(現在も活動中で平成19年分の政治資金収支報告書も提出している
 『政治結社大日本憂國同志会』とは別団体です)
2年連続して期限までに収支報告を提出しなかったので,
政治資金規正法第十七条第二項の規定により,1985年4月2日以降,
政治資金の寄付を受けたり,支出をしたりができない団体になっています

投稿: shinok30 | 2008年11月13日 (木) 08時27分

>自治省 告示 第百二十五号
>政治資金規正法(昭和二十三年法律第百九十四号)第六条第一項の規定による政治
>団体の届出があつたので、同法第七条の二第一項の規定に基づき、その名称等を
>次のとおり公表する。
>昭和五十八年五月十一日      自治大臣 山本 幸雄

>(二) その他の政治団体(政党及び政治資金団体以外の政治団体)
>政府団体の名称  代表者の氏名 会計責任者の氏名 主たる事務所の所在地        届出年月日(昭和)

>日本憂國同志会  瀬戸 弘幸  今村  裕    福島県福島市鳥谷野字岩田一三−八  五八、 四、 七

>備考 従来、日本憂國同志会は福島県選挙管理委員会に届出されていたが、自治大臣届出となつたものである
(昭和58年5月11日 水曜日 官報 第16878号)

>自治省告示 第九十六号
>次の政治団体は、政治資金規正法(昭和二十三年法律第百九十四号)第十七条第二項
>の規定により、昭和六十年四月二日以後、政治活動(選挙運動を含む。)のために
>寄附を受け又は支出をすることができない団体となつたので、同条第三項の規定に
>基づき告示する。
>昭和六十年五月一日      自治大臣 古屋  亨  

>(二)その他の政治団体(政党及び政治資金団体以外の政治団体)
>政治団体の名称  代表者の氏名 会計責任者の氏名  主たる事務所の所在地

>日本憂國同志会  瀬戸 弘幸  今村  裕     福島県福島市鳥谷野字岩田一三−八
(昭和60年5月1日 水曜日 官報 号外第52号)

投稿: shinok30 | 2008年11月13日 (木) 08時34分

また,2007年参議院議員選挙における選挙運動に関する収支報告書によると,
瀬戸さんは「維新政党・新風」から584,000円の寄付を受け
そのほとんどを印刷に使っているようですね

>中央選挙管理会告示 第一号
>公職選挙法(昭和二十五年法律第百号)第百九十二条第一項の規定に基づき、
>平成十九年七月二十九日執行の参議院比例代表選出議員選挙における公職の
>候補者の選挙運動に関する収支報告書の要旨を次のとおり公表する。
>  平成二十年一月二十一日    中央選挙管理会委員長 坂田 桂三  
>公職の候補者の選挙運動に関する収支報告書要旨
>1 選挙の種類 平成19年7月29日執行参議院比例代表選出議員選挙
>2 公職選挙法の規定による選挙運動に関する支出の金額の制限額(法定選挙運動費用額)     5 ,200万円 
>3 報告書の要旨

>候補者氏名 瀬戸 弘幸
>参議院名簿届出政党等 維新政党・新風
>出納責任者氏名 有門 大輔
>平成19年6月20日から平成19年7月12日まで第1回分

>収入         
>主たる寄附
>氏名 団体名 (職 業) (寄附額)   
>維新政党・新風 584,000

>その他の寄附 1件 17,000
>その他の収入 0
>今回計 601,000
>総計 601,000

>支出
>(費 目) (金 額)
>人件費 0 (     0)
>家屋費 17,000 (     0)
>選挙事務所費 17,000 (     0)
>集合会場費 0 (     0)
>通信費 0 (     0)
>交通費 0 (     0)
>印刷 567,000 (     0)
>広告費 17,000 (     0)
>文具費 0 (     0)
>食糧費 0 (     0)
>休泊費 0 (     0)
>雑費 0 (     0)
>今回計 601,000 (     0)
>総計 601,000 (     0)

>報告書受理年月日 平成19年8月13日 第1回報告分
(平成20年1月21日月曜日 官報 号外第9号)

投稿: shinok30 | 2008年11月13日 (木) 08時37分

>これを見ると、維新政党・新風本部から約300万円の交付金を受け取り、
>300万円を「陣中見舞」として東京都本部代表の鈴木信行氏に支出しています。
>どうもこの「陣中見舞」というのが、使途が良く分からず気持ち悪いです。
>投稿: でぶちん | 2008年11月12日 (水) 02時42分


ちなみに,鈴木信行さんの資金管理団体は「現代維新社」です
収支報告書を見ると,支出として寄附・交付金14万円とあり,
これは新風東京都本部の収入にある「現代維新社からの寄付14万円」なんでしょうが,
「現代維新社」の収入はすべて個人からの寄付と報告されていて
「陣中見舞」に関する記述はありませんね

>総務省告示 第五百十号
>政治資金規正法(昭和二十三年法律第百九十四号)第十二条第一項の規定による
>政治団体の収支に関する報告書の提出があったので、同法第二十条第一項の規定
>に基づき、その要旨を次のとおり公表する。
>平成二十年九月十二日 総務大臣 増田 寛也

>現代維新社
>資金管理団体の届出をした者の氏名 鈴木 信行
>資金管理団体の届出に係る公職の種類 参議院議員
>報告年月日 20. 1.21
>1 収入総額 1,087,585
>  本年収入額 1,087,585
>2 支出総額 1,087,585
>3 本年収入の内訳
>  寄附 1,087,585
>  個人分 1,087,585
>4 支出の内訳
>  経常経費 668,630
>  備品・消耗品費 207,179
>  事務所費 461,451
>  政治活動費 418,955
>  組織活動費 252,893
>  機関紙誌の発行その他の事業費 9,600
>  宣伝事業費 9,600
>  調査研究費 16,462
>  寄附・交付金 140,000
>5 寄附の内訳
>(個人分)
>鈴木 信行 530,000 葛飾区
>鈴木 俊朗 360,000 葛飾区
>田久保藤造 100,000 八千代市
>年間五万円以下のもの 97,585
(平成20年9月12日金曜日 官報 (号外第202号) )
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/kanpo/shikin/20080912g00202/20080912g002020112f.html

投稿: shinok30 | 2008年11月13日 (木) 09時17分

shinok30さん、調査ありがとうございます。
昨日のエントリにも追記しましたが、県本部に配られた300万円はおそらく選挙の供託金なんですね。だからといって記載しないで良いというものではありませんが。

政治資金規正法で、以下のように規定されているのを初めて知りました。報告書を提出しなかった翌年に提出期限に遅れると政治団体とは見なされなくなるのですね。

----以下、引用
2 政治団体が第12条第1項の規定による報告書をその提出期限までに提出しない場合において、当該政治団体が当該提出期限までに当該提出期限の属する年の前年において同項の規定により提出すべき報告書をも提出していないものであるときは、第8条の規定の適用については、当該政治団体は、当該提出期限を経過した日以後は、第6条第1項の規定による届出をしていないものとみなす。

投稿: でぶちん | 2008年11月14日 (金) 02時29分

調査ありがとうございます。

>候補者氏名 瀬戸 弘幸
>参議院名簿届出政党等 維新政党・新風
>出納責任者氏名 有門 大輔
>平成19年6月20日から平成19年7月12日まで第1回分

>収入         
>主たる寄附
>氏名 団体名 (職 業) (寄附額)   
>維新政党・新風 584,000

これも謎です。瀬戸氏が「維新政党・新風」から受け取ったとされる584,000円ですが、この支出の記録はどこにあるのでしょうか? 平成19年分の「維新政党・新風」の政治資金収支報告書に載っている筈だと思うのですが、発見できていません。

投稿: でぶちん | 2008年11月14日 (金) 02時37分

党員数と収入のチグハグは過去に党員だった方が2chで「党費を払わずにいても、ずっと党員として扱われ続けるようだ」と言ってましたから、おそらく実際の党員はもっと少ないと思われます。

投稿: 鈴木み | 2008年11月15日 (土) 14時01分

鈴木みさん、情報ありがとうございます。
以下の記事ですね。他の団体であれば、こういう事があっても別に気になりませんが、収支報告書の記載事項だと思うと、きっちり管理して欲しいですね。
---
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/net/1225518031/
826 名前:名無しさん@ゴーゴーゴーゴー![sage] 投稿日:2008/11/10(月) 11:24:43 ID:ex/uU/xeO
>>823
党員に関しては増えて当然。
何故なら年会費払わなければ党籍は自然消失するはずなのに消失しないから。つまりは減らないんだw

ソースは元党友の俺。
年会費払わないでもうすぐ2年だけど未だに党員、党友の皆様へってチラシが送られてくる。
まあ、馬鹿だった俺を忘れない為だと思ってるよ。

投稿: でぶちん | 2008年11月15日 (土) 23時31分

>党員数と収入のチグハグは過去に党員だった方が2chで「党費を払わずにいても、
>ずっと党員として扱われ続けるようだ」と言ってましたから、おそらく実際の
>党員はもっと少ないと思われます。

>投稿: 鈴木み | 2008年11月15日 (土) 14時01分

実際に党費を払っていない幽霊党員党友が増えているなら
[2008年11月 9日 (日) 10時40分]のコメントで指摘したように,
「毎年,党員1名当たりの平均党費が減少していく」のも当然ですね

しかし,
「中途で党員を辞めた人に党費を月割り日割り等で返金」したりしていない限り,
党費収入総額に100円,700円,500円,50円,330円といった
千円未満の端数が出るハズないんですけどね
結局,よく分かりません

>瀬戸氏が「維新政党・新風」から受け取ったとされる584,000円ですが、
>この支出の記録はどこにあるのでしょうか? 平成19年分の
>「維新政党・新風」の政治資金収支報告書に載っている筈だと思うのですが、発見できていません。

>投稿: でぶちん | 2008年11月14日 (金) 02時37分

これもよく分かりませんが,
そもそも「選挙運動に関する収支報告書」も「政治団体の収支報告書」も
選管は提出されたものの形式だけをチェックして公開するだけで,
金の流れなど内容については審査することはないようですね

収支報告書の公開は
マスコミや市民オンブズマンなんかが「調査するための素材の提供」
という位置付けなんでしょう

しかし,議席のある政党や現職議員の資金管理団体と違って,
「維新政党・新風」のような泡沫政治団体の場合は誰もチェックしませんから,
現在のような矛盾だらけの報告書のままになっているのでしょうね

投稿: shinok30 | 2008年11月16日 (日) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1109195/24095215

この記事へのトラックバック一覧です: 維新政党・新風の党員数と党費収入推移:

« 東京都の最近の選挙での公明党の得票数集計 | トップページ | 公明党の党費収入・党員数は本当なのか? »