« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

ネットワークビジネスへの批判

瀬戸弘幸氏のもう一つのブログである「日刊中央通信」が、前田雄吉衆院議員の擁立を民主党が検討している事を批判しています。前田議員はネットワークビジネス企業から献金を受けた責任をとって選挙への不出馬を表明した経緯があります。

http://blog.livedoor.jp/central_press/archives/51683353.html
マルチ疑惑で辞任の議員を擁立

 いくら支持率が自民党を大きく上回っているからと言って、このようなマルチ商法会社からの献金疑惑で一旦は辞めた人を復活させるとは、これは傲慢以外の何ものでもありません。

ネットワークビジネスやマルチ商法に政治家が荷担する姿勢は批判すべきだと私も思います。
しかし、瀬戸氏が連携している矢野市議や乙骨氏がネットワークビジネスを推進する宣伝番組を持っていたと批判された事については、瀬戸氏はどう考えておられるのでしょうか? 気になります。
批判元は柳原滋雄さんのコラム日記です。以下、政治資金収支報告書の内容を含んだ当時の2chの投稿から引用します。

【移送却下】新風連と新風をヲチ39【孤立無援】
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/net/1232417859/

700 名前:名無しさん@ゴーゴーゴーゴー![sage] 投稿日:2009/02/02(月) 06:27:24 ID:j9lGkcMg0
おおっと意外な展開ですね。

http://www.yanagiharashigeo.com/kd_diary/kd_diary.cgi?viewdate=20090201

都内の大手書店などで1日に発売された月刊誌「実業界」(3月号)によると、
民主党幹部らがマルチ商法企業を支援するために連携したことで問題となった
政治団体「ネットワークビジネス推進連盟」(略称NPU、東京・新宿区)が
2005年3月から約半年間にわたり、東村山地域FMに専門番組をもち、悪
徳商法とされるマルチ商法業界を擁護するための“宣伝”に使っていたことが
明らかになった。
「社会の深層」というコラム記事によると、舞台となったラジオ局は「多摩レ
イクサイドFM」(旧・ひがしむらやまエフエム)で、母体となるNPO法人
ではジャーナリストの乙骨某などが「理事」をつとめているという。さらに同
法人においては、東村山市議会議員の矢野穂積が「監事」をつとめると指摘す
る声もあり、悪徳商法業界と同FMラジオ局の不透明な関係は今後、問題にな
りそうだ。
<以下略>


701 名前:名無しさん@ゴーゴーゴーゴー![sage] 投稿日:2009/02/02(月) 06:30:49 ID:j9lGkcMg0
>>700
柳原滋雄さん、連投してます。そう言えば、土曜日の街宣でも「東村山の闇」を振りかざしてる人がいましたね。

http://www.yanagiharashigeo.com/kd_diary/kd_diary.cgi?viewdate=20090202
2009/02/02(Mon)
マルチ商法業界とガセネタ屋「乙骨某」の“不透明”な関係
 問題となっている政治団体・ネットワークビジネス推進連盟(略称NPU)
はその前身組織名を「流通ビジネス推進政治連盟」といった。総務省が定期公
表している政治資金収支報告書(2005年)によると、NPO法人「多摩レ
イクサイドFM」の理事をつとめるジャーナリストの乙骨某は、上記団体から
「ラジオ番組製作」という名目で、3回に分けて、計33万円を受け取っていた。
支出を受けた住所は、小冊子「フォーラム21」発行のフォーラム社(新宿区
下宮比町)と同一である。
 さらに不可解なことは、このNPUなる組織は乙骨個人に上記の33万円の
「宣伝事業費」を支出しながら、FMラジオ局そのものには一銭も支出してい
ないことだ。FMラジオ局側は、それ以外はカネを受け取っていなかったのだ
ろうか。監事の矢野穂積にぜひとも尋ねてみたいところである。
<以下略>

702 名前:名無しさん@ゴーゴーゴーゴー![sage] 投稿日:2009/02/02(月) 06:42:28 ID:j9lGkcMg0
>>701
総務省公表の政治資金収支報告書を見てみた。
なるほど、これですな。
乙骨氏に製作費を支払っているだけでなく、CD販売代金を多摩レークサイドFMから受け取ってます。

政治資金収支報告書 平成18年 9月 8日公表(平成17年分 定期公表)
流通ビジネス推進政治連盟

収入
(3) 機関紙誌の発行その他の事業による収入
ラジオ特番収録CD販売 408,000円 ネットワーク・プラザ(多摩レークサイドFM)

支出
(2) 政治活動費の内訳
ラジオ番組製作 150,000円 H17.5.17 乙骨正生
ラジオ番組製作 120,000円 H17.7.12 乙骨正生
ラジオ番組製作 60,000円 H17.8.23 乙骨正生

703 名前:名無しさん@ゴーゴーゴーゴー![sage] 投稿日:2009/02/02(月) 06:58:17 ID:j9lGkcMg0
>>702
ちなみに、それ以外の支出の主な項目は以下の通り。

渉外活動費 300,000円 H17.3.15 形山淳一郎事務所
渉外活動費 400,000円 H17.5.17 民主党大躍進パーティー
渉外活動費 300,000円 H17.5.17 民主党大躍進パーティー
渉外活動費 500,000円 H17.12.27 形山淳一郎事務所

陣中見舞 500,000円 H17.9.2 民主党栃木県第4区総支部

寄附 200,000円 H17.3.9 賢友セミナー
寄附 500,000円 H17.3.22 危機管理都市推進会議
寄附 100,000円 H17.6.14 賢友セミナー
寄附 100,000円 H17.6.21 衆議院議員牧義夫君を育てる会
寄附 500,000円 H17.8.1 民主党愛知県第6区総支部
寄附 200,000円 H17.11.22 前田雄吉君を激励する会
寄附 100,000円 H17.11.30 石井一を囲む朝食会
寄附 100,000円 H17.12.14 賢友セミナー

704 名前:名無しさん@ゴーゴーゴーゴー![sage] 投稿日:2009/02/02(月) 07:02:52 ID:j9lGkcMg0
>>703
Amazonで形山淳一郎氏を検索してみると以下のような本がヒットしますね。
ネットワークビジネス界では有名な方なのかな?

1. ネットワークビジネス 噂の鉄人
ジョン・ミルトン フォッグ 形山 淳一郎 (単行本(ソフトカバー) - 2005/6/20)

2. ネットワーク・ビジネス 2×2=6―あなたの“やり方”は間違っている
ドン フェイラ、Don Failla、 形山 淳一郎 (単行本(ソフトカバー) - 1998/2)

3. ネットワーク・ビジネス Q&A×99 そこが違う!あなたの“やり方”
ドン フェイラ、形山 淳一郎、 ナンシー フェイラ (単行本(ソフトカバー) - 1998/6/1)

4. ネットワークビジネス 強い味方―これなら私にもできる!
デューク バレル 形山 淳一郎 (単行本 - 2003/4/1)

5. ネットワークビジネス最初の一年―すべては...
マーク ヤーネル、レネ・レイド ヤーネル、 形山 淳一郎 (単行本(ソフトカバー) - 1999/10/20)

6. ネットワークビジネス 女性の出番―これがもっとも賢い方法
ナンシー フェイラ 形山 淳一郎 (単行本(ソフトカバー) - 2000/4/1)

7. ネットワークビジネス2×2=6 改訂BEST版―あなたの“やり方”は間違...
ドン・フェイラ 形山 淳一郎 (単行本 - 2007/10/10)

705 名前:名無しさん@ゴーゴーゴーゴー![sage] 投稿日:2009/02/02(月) 07:07:36 ID:j9lGkcMg0
>>703
賢友セミナーとは、民主党の山岡賢次氏の資金管理団体である賢友会が主催するセミナーらしい。
なるほど、山岡氏、前田氏、石井氏という名前が並ぶ訳だ。

http://www.yamaokakenji.gr.jp/000020.html
衆議院議員 山岡賢次 後援会
「賢友会」

入会のご案内
「賢友会」は政治資金規正法第19条に規定する「資金管理団体」として
選挙管理委員会等に届出済みの団体です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治資金の未記載献金率

7月頃に民主党党首である鳩山由起夫氏の「故人献金」の話題が盛り上がりました。この件は解明されたとは言い難く、なぜこういう重要な問題がうやむやになってしまうのか残念です。総選挙で民主党が第一党になったら、マスコミには思い切り追及して欲しいものです。

この話題の中で、鳩山由紀夫氏の資金管理団体「友愛政経懇話会」は、個人からの寄附で政治資金収支報告書に名前が記載されない「未記載献金」の率が非常に高い事が指摘されていました。「故人献金関連情報まとめ」のページから引用します。

■個人寄附の内訳より算出■
鳩山 H19 詳細←身内以外は6/30にごっそり友愛済み
   その他の寄附:\27,791,000   合計:\55,146,000   未記載献金率:50.4% ←友愛前の合計金額とパーセンテージ
鳩山 H18 詳細←身内以外は6/30にごっそり友愛済み
   その他の寄附:\36,825,000   合計:\62,345,000   未記載献金率:59.1% ←友愛前の合計金額とパーセンテージ
鳩山 H17 詳細←身内以外は6/30にごっそり友愛済み
   その他の寄附:\39,693,000   合計:\67,778,000   未記載献金率:58.6% ←友愛前の合計金額とパーセンテージ

参考までに他の大物政治家。
麻生 H19 詳細
   その他の寄附:\460,000       合計:\9,660,000    未記載献金率:4.8%
小沢 H19 詳細
   その他の寄附:\1,136,000     合計:\16,504,000   未記載献金率:6.9%
菅 H19 詳細
   その他の寄附:\1,753,000    合計:\8,058,000     未記載献金率:21.8%

政治資金規正法は、以下のように「同一の者からの寄附で、その金額の合計額が年間5万円を超えるもの」について氏名・住所等の記載を義務付けています。つまり、逆に言うと、年間5万円以下の寄附については氏名・住所等は記載されない事になります。これが上記の未記載献金で、収支報告書の中では「その他の寄附」として合計額がまとめて記載されています。

(報告書の提出)
第12条 政治団体の会計責任者(報告書の記載に係る部分に限り、会計責任者の職務を補佐する者を含む。)は、毎年12月31日現在で、当該政治団体に係るその年における収入、支出その他の事項で次に掲げるもの(これらの事項がないときは、その旨)を記載した報告書を、その日の翌日から3月以内(その間に衆議院議員の総選挙又は参議院議員の通常選挙の公示の日から選挙の期日までの期間がかかる場合(第20条第1項において「報告書の提出期限が延長される場合」という。)には、4月以内)に、第6条第1項各号の区分に応じ当該各号に掲げる都道府県の選挙管理委員会又は総務大臣に提出しなければならない。
1.すべての収入について、その総額及び総務省令で定める項目別の金額並びに次に掲げる事項
イ 個人が負担する党費又は会費については、その金額及びこれを納入した者の数
ロ 同一の者からの寄附で、その金額の合計額が年間5万円を超えるものについては、その寄附をした者の氏名、住所及び職業、当該寄附の金額及び年月日並びに当該寄附をした者が第22条の5第1項本文に規定する者であつて同項ただし書に規定するものであるときはその旨

鳩山由紀夫氏の場合、例えば平成19年の未記載献金が\27,791,000ですから、全ての寄附者が上限の5万円を寄附したとしても、556名もの人からの寄附を集めた事になります。これは俄に信じられない額・人数なので、「本当かよ! 名前を出せない高額寄附を隠してるだけなんじゃないの?」という疑惑を感じてしまう訳です。

鳩山由紀夫氏は著名人なので追及はマスコミにお任せするとして、東村山関連でも気になる政治資金報告書を見たので、簡単に報告しておきます。それは、東京都議の古賀俊昭氏の後援会である「古賀俊昭を応援する帚の會」の報告書です。

維新政党・新風 副代表 瀬戸弘幸氏の資金は何処から? 倉庫」の「田口圭氏の日本独立宣言」のページで紹介されているように、古賀都議は、「主権回復の会」の顧問であると共に「教育再生 地方議員百人と市民の会」の理事であり、瀬戸氏らの活動に関わりを持っていると思われる現職の都議です。以下、引用します。

これによると、田口圭氏は都議選への立候補を狙っていたようです。
また、古賀都議は主権回復の会の顧問であり、西村修平氏と接点があります。

http://www.shukenkaifuku.com/Shusiaisatsubun.htm
代表 西村修平
顧問 古賀俊昭【東京都都議会議員】

更に、古賀都議は土屋都議と共に、増木重夫氏が事務局長をやっていた「教育再生 地方議員百人と市民の会」の理事でもあります。
http://web.archive.org/web/20070214061808/www1.ocn.ne.jp/~h100prs/party/sanka-riji.htm
<平成18年6月26日現在>
≪役員≫
事務局長 増木重夫 平成11年1月~
≪理事≫
土屋敬之 東京都
古賀俊昭 東京都

この「古賀俊昭を応援する帚の會」の政治資金収支報告の要旨の4年分を見て、「個人からの寄附」から名前の載っている寄附額を引いて不記載率を求めてみました。手作業で金額を読み取ったので間違いがあればご指摘ください。

  • 平成16年分:不記載率100%、不記載額7,568,840円、個人寄附合計7,568,840円
  • 平成17年分:不記載率 80%、不記載額9,423,446円、個人寄附合計11,723,446円
  • 平成18年分:不記載率 98%、不記載額8,264,000円、個人寄附合計8,464,000円
  • 平成19年分:不記載率 98%、不記載額5,912,000円、個人寄附合計6,042,000円

ご覧のように、いずれも不記載の寄附額が数百万円以上あり、その率は平成17年分を除いては98~100%です。平成17年は「古賀俊昭君藍綬褒章受章祝賀会」が開かれた特別な年だったらしいので、個人からの高額寄附が集まったためか率は80%になっていますが、それにしても高い不記載率です。

鳩山由紀夫氏の場合と同様、私は「本当かよ! 名前を出せない高額寄附を隠してるだけなんじゃないの?」という疑惑を感じるのですが、どうなんでしょうか? もちろん、こういった疑惑を晴らすのは簡単です。5万円以下の寄附についても、政治資金収支報告書に記載されないだけで会計帳簿には記録が残されていますし、「何人も、政治資金団体の預金又は貯金の口座への振込みによることなく、政治資金団体に対して寄附をしてはならない。」と定められていますので口座の記録もある筈です。素人考えですが、個人情報漏洩にならない範囲でこれらを開示していただければ良いのではないかと思います。

最後に「古賀俊昭を応援する帚の會」の政治資金収支報告の要旨を見た場所をまとめておきます。ちなみに、各都道府県の選挙管理委員会は、こういったデータを再利用可能な形で公開して欲しいと思います。本当は広範囲に政治団体の未記載献金率を調べて、平均や傾向を見てみたかったのですが、面倒なのでやる気が起きませんでした。

■平成19年分
http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/shikin/19youshi.html
政治団体の収支報告書の要旨(平成十九年分第一回)の目次
(平成20年9月17日付東京都公報増刊51号)

http://www.tokyoto-koho.metro.tokyo.jp/index/extra/id/1155
東京都公報 平成20年9月17日(水)  増刊51号

http://www.tokyoto-koho.metro.tokyo.jp/file/koho/id/1155/f/2969/2008_51-089.pdf
P881~P882

■平成18年分
http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/shikin/18youshi.html
政治団体の収支報告書の要旨(平成十八年分第一回)の目次
(平成19年9月28日付東京都公報増刊55)

http://www.tokyoto-koho.metro.tokyo.jp/index/extra/id/850
東京都公報 平成19年9月28日(金)  増刊55号

http://www.tokyoto-koho.metro.tokyo.jp/file/koho/id/850/f/2191/2007_55-093.pdf
P740~741

■平成17年分
http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/shikin/17youshi.html
政治団体の収支報告書の要旨(平成十七年分第一回)の目次
(平成18年10月30日付東京都公報増刊51)

http://www.tokyoto-koho.metro.tokyo.jp/index/extra/id/561
東京都公報 平成18年10月30日(月)  増刊51号

http://www.tokyoto-koho.metro.tokyo.jp/file/koho/id/561/f/1364/2006_51-080.pdf
P792~793

■平成16年分
http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/shikin/16youshi.html
政治団体の収支報告書の要旨(平成十六年分第一回)の目次
(平成17年11月14日付東京都公報増刊54)

http://www.tokyoto-koho.metro.tokyo.jp/index/extra/id/266
東京都公報 平成17年11月14日(月)  増刊54号

http://www.tokyoto-koho.metro.tokyo.jp/file/koho/id/266/f/500/2005_54-44.pdf
P723

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大精神力は伝持されるものなのか

以下のヲチスレのログを見ていたら仏教用語の勉強になりました。

http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/net/1247844811/
【アフィ乞食】新風連と新風をヲチ51【ユーチュー部】

瀬戸氏のブログに「大精神力の伝持」という聞き慣れない言葉があったので、これは何?という話題になったのですね。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52290434.html
2009年07月18日 日本民族としての「血」

私の血という意味は科学的に立証されるものではない。日本民族に流れている血と表現した時に、その血とは単なる身体の中に流れる生物学上の血などではない。

 これは日本民族としての大精神力の伝持(でんじ)なのです。すなわち私が言うところの血には日本民族の精神が受け継がれていなくてはならない。朝鮮民族の血などあるわけがない。

Wikiを作っておられる方がいて、「伝持」とは仏教用語らしいと分かります。文字の通り、「伝えて保持する」という意味のようです。

http://wiki.livedoor.jp/turatura/d/%C5%C1%BB%FD
つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉

伝持
【定義】伝えたもつこと。
いま仏道に六神通あり、諸仏の伝持しきたれることひさし。一仏も伝持せざるなし、伝持せざれば諸仏にあらず。 『正法眼蔵』「神通」巻

更に、ヲチスレで指摘のあった「紙墨もて伝持す」というページを見てみると、「法華玄義」に出てくる「伝持」についての解釈が載っていました。「法華玄義」というのは、天台宗の三大聖典の一つ(他2つは「法華文句」、「摩訶止観」)で、「法華経」の注釈書として最も広く読み継がれてきたものらしいです。この解釈によると、法華経では教義を言葉によって伝える事が重視されており、紙墨をもって言語化したものを伝えるのが「伝持」の元の意味だったのです。

★からぐらの風 #0046 --------------------------------------2008/02/14
----☆「紙墨もて伝持す」☆--------------------------------------------

 前45号のつづき。「耳根得道」など、現代に説得力を持つとは思わないが、この発想のもとになったと思われる考え方は『法華玄義』に記されている。さっそく、読者からご教示があった。読者のなかには素晴らしい学究がたくさんおられるので、大変心強く思っている。
 この『法華玄義』の当該箇所のいわんとすることを、一言で言うならば、法は言葉によって伝えられるということではないだろうか。

--------------------------------------------------------------☆☆----

 娑婆世界は耳根によるという言い方は、他方世界では、香りを嗅いで(鼻根)悟ったり、柔らかな衣の感触(身根)で悟ったりする世界もあるが、この娑婆世界では声(耳根)や文字(眼根)によって、つまり言葉によって伝えられるとする話を、はしょってしまったところから来ている。

 法は変にはしょってしまうと誤解のもとになる。正確に伝えねばならない。また、他方世界(おとぎの世界)との比較など、現代では単なる饒舌に過ぎないだろう。
 初学の方には難解だと思うが、法華玄義の文を挙げる。
 「一に声を用いて経となす。仏の世に在りて金口もて演説するが如き、ただ声音の詮弁のみ有りて、聴く者は道を得る。故に声を以て経となす。大品に云く、善知識に従って聞く所なり。
 二に色を用いて経となす。若し仏、世に在らば、声を以て経となすべし。今、仏、世を去れば、紙墨もて伝持す。まさに色を用いて経となすべし。大品に云く経巻の中に従って聞くと。
 三に法を用いて経となす。内に自ら思惟し、心、法と合す。他の教に由らず、また紙墨に非ず。ただ心に暁悟すれば、即ち法を経となす。故に云く、我が法を脩する者は、証して乃ち自ら知ると、云云」(T33-p0776c)

以下も同じ文からの引用です。「不立文字、以心伝心」と対立する考え方なのですね。「普遍性のある論理により、言葉を重ねていきたい」とは、仕事を進める上でも大切で、常日頃から心がけておくべきことだと思います。いやぁ勉強になるなぁ。

不立文字、以心伝心を立てて、法は言葉では伝えられないとしたのが禅宗である。日蓮はそれを厳しく批判した。ここで禅宗と日蓮の優劣を論じる積もりはないが、日蓮義によりながら、根本義は言葉では伝えられないとしたり、特別な人の秘密の相伝に寄らねばならないとするのは理解に苦しむことである。

すくなくとも、ここでは仲間うち、身内でしか通じないドグマによるのではなく、普遍性のある論理により、言葉を重ねていきたいと思う。

さて、上記の解釈が正しいとすると瀬戸氏の文章にあった「大精神力の伝持」という表現は、元々の「伝持」の意図から離れた誤った使い方ではないでしょうか。例えば、新風の考え方を明文化して、その文章をしっかりと伝えて行くという文脈ならば納得できるのですが、「大精神力」という言葉に表せないものを「伝持」すると表現するのは原義に反すると思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内部告発公表から1年

ずっと仕事が忙しくて何も書けない状態が続いておりました。もうちょっとでIDやらパスワードやら忘れるところでした。ようやく少しマシになってきましたが、当分文字分析の方には戻れそうもありません。残念です。

東村山関連では毎日のように話題が提供されていて、少し離れていると浦島太郎のようです。

人間への鋭い洞察があって、いつも愛読させていただいてた「ミハルちっく」の閉鎖は残念です。またいつかどこかで復活される事を願っております。

一方では、「りゅうオピニオン」や「カレイドスコープ・ラボ」など、創価学会信者や公明党員の立場からのブログも登場し、興味深く読ませていただいてます。私は、創価学会と公明党の関係について強く批判するものですが、それだけに中にいる方々の生の意見にはとても興味があります。

そう言えば、最近、りゅうさんの記事を瀬戸氏が虚偽記載として訂正を要求するという出来事がありました。

りゅうさんも既に訂正された通り「被疑者」という表現は適切ではなかったと私も思います。しかし、なぜ瀬戸氏が、この記事にだけ強く反応されるのかが不思議です。
例えば、荒井氏のC.I.Lや柳原氏のコラム日記に掲載された以下の記事では「創価の犬」とか「裏切り者」とか「ポチ」呼ばわりされているのですが、今回のような名指しでの反論はされていないと記憶しています。小心者で世間体を気にする私などからすると、被疑者と誤記されるよりも、犬やら裏切り者やらポチやら言われる方が百万倍くらい重たいと感じます。全ての批判記事を無視するのであれば、そういう方針かとも思うのですが、りゅうさんの記事にだけ強く反応されたのは、その方が重大と受けとめておられるからなのでしょうか? とても不思議です。

http://ameblo.jp/oharan/entry-10286160019.html
2009-06-23 20:08:10
瀬戸弘幸こそが創価の犬である

http://ameblo.jp/oharan/entry-10287653597.html
2009-06-26 01:11:17
瀬戸弘幸がまた仲間を裏切った →高倉都議の写真を自分ひとりだけコッソリ差し替え

http://www.yanagiharashigeo.com/kd_diary/kd_diary.cgi?viewdate=20090802
2009/08/02(Sun)
“瀬戸ポチ族”の「飼い主」当てクイズ

蒸し暑い日々が続いています。去年の夏、瀬戸氏が朝木市議の転落死事件について現職警察官からの内部告発という衝撃的な新情報を発表された事を思い出します。何も詳細が明かされないまま1年が過ぎたのですね。私はもうガセネタだったとしか思っていませんが、真相究明に大きな影響を与える重大発言だったのですからガセネタならガセネタだったと公表していただきたいものですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »